神前式の式次第は神道の儀式としての進行表でそれぞれに意味があります。

結婚式の順序は神官の指示で流れるように、厳か行われますが、それぞれの動作には深い意味があるので、式次第の意味を知ると自分たちの結婚式の意義の深さを知ることができます。

1.参進の儀(さんしんのぎ)
控えの間から神殿に向かって行列を作って進んでいく結婚式の最初の儀式です。
神社によって行列の人数はいろいろですが、神速、巫女、雅人などを先頭に新郎、新婦、両親、親族の順に神殿に進みます。
新婦には朱傘を差し掛けられます。(朱傘は本来導師や高貴な方の道中のときに仕丁(お供)がさしかけてものですが、鮮やかな朱の傘の美しい彩りが人気で花嫁行列で使われています)

2.手水の儀(手水の儀)
身を清めて社殿に向かう作法の一つです。

3.修祓の儀(しゅばつのぎ)
神職がご幣で参列者に払いして清めます。

4.祭主一拝(さいしゅいっぱい)
神官が神殿をお参りします。

5.献饌の儀(けんせんのぎ)
神前にお供え物(酒、塩、水、山の幸)を捧げる儀式です。

6.祝詞奏上(のりとそうじょう)
神職が神様に大和言葉で祝詞を奏上。二人の結婚を報告し末永いご加護をお祈りする儀式です。

7.三献の儀(さんこうのぎ)
夫婦固めの盃。一般に言われる三三九度の杯。(三三九度は結婚式だけのものではなく昔は武士が出陣の祝いに盃を重ねたとされています)

8.誓詞奏上(せいしそうじょう)
新郎新婦が誓いの詞を読み上げる。(本来は自分たちで書いた誓いの言葉を読み上げるべきだが、一般的には神官が作成したものを読み上げている)

9.玉串拝礼(たまぐしはいれい)
紙の幣をつけた榊を神前に供える。幣に神霊が宿るとされています。

10.指輪交換の儀(ゆびわこうかんのぎ)
夫婦の証として指輪を交換します。本来はヨーロッパの結婚式のしきたりですが、昭和30年代になって日本の婚礼の儀式に取り入られるようになりました。

11.親族盃の儀(しんぞくはいのぎ)
両家が親族として末永くお付き合いしてゆく意味を込めて乾杯します。

12.撤饌の儀(てっせんのぎ)
開式にお供えしたお供物をさげる儀式ですが、お供え物はそのままに、お神酒の瓶の蓋を閉じることで撤饌の儀にしています。

13.斉主一拝(さいしゅいっぱい)
参列者全員が神前に参列し挙式が終了します。