結婚式の準備で花嫁様が一番楽しみにしている事と言えばドレス選びではないでしょうか。
ウェディングドレス選びをする前に歴史について学んでおきましょう。ドレス選びがもっと楽しくなるはずです。

ウェディングドレスの起源~

ウェディングドレスの起源はローマ帝国の時代と言われております。
キリスト教の布教により結婚式が教会で行われるようになり、王族や貴族の花嫁が婚姻の儀礼用として着用したものがウェディングドレスのはじまりであるとされています。
また、当時は色や素材もカラフルで刺繍もとても豪華なものでした。
その理由は、ウェディングドレスヘッドに着ける宝石(ティアラ)は花嫁の家の社会的地位、経済力を表すことのできるアイテムであったためです。
もともとウェディングドレスはカトリック系キリスト教の結婚式の際の衣裳でした。
宗教上の戒律の為肌の露出を抑えたデザインでしたが、更に肌の露出を控える為にロングヴェールで顔を隠したり、グローブで腕を隠すとされていました。
またトレーンと呼ばれる引き裾が長ければ長いほど格調高いとされています。


黒いウェディングドレスの誕生~

16世紀末のスペインでは黒のドレスが多くの庶民の結婚式にも好まれるようになりました。
これはスペイン宮廷での流行と宗教上の戒律からの影響によるものです。
黒のウェディングドレスに白いウェディングヴェールのコーディネートはこの時代の主流となりました。

白いウェディングドレスの誕生~

白いウェディングドレスが着られるようになったのは19世紀イギリスのヴィクトリア女王の時代からになります。
それまでは縁起の良い色として人気のあった、サフランで生地を染めた黄色や、中世では青、赤、緑などの絹のドレスなどが、王侯貴族などの結婚式では着られていました。
19世紀のヴィクトリア女王の結婚は当時の王室には珍しく政略結婚ではなく熱烈な恋愛での結婚でした。
そこで女王は純白のウェディングドレスにし、「私をあなたの好きな色に染めてください」と述べられました。
純白のウェディングドレスが世間に広まったのはヴィクトリア女王の結婚式からだと言われております。